愛車を売る際は多くの買取業者を比較しないと50万円も損します!!

必ず多くの買取業者で買取価格を比較しましょう。
車販売店やディーラーで30万円と査定された車が買取専門業者では80万円と査定された!なんてことも少なくないのです!
あなたの大切に乗ってきた車の買取価格を複数の買取業者が勝手に値段を釣り上げてくれて、査定の一番高い値段で大切な車を売ることができるのです。
一社の見積もりでけでは確実に最安値の価格を提示されて、比較もできません。まずは多くの買取業者で査定しないと大きく損をしてしまいます

査定はもちろん無料で1分程度であなたの愛車の最高額が分かります!

https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

フリードプラスは3列目のシートを無くすことでラゲッジスペースの積載性能を高めたモデルです。

乗車定員は5人乗りとなっていしまいますが、ミニバンの広々とした室内空間を最大限に生かせるため、特にアウトドアユーザーに人気のモデルとなっています。

今回はフリードプラスの積載能力がどんなものなのかを詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

フリードプラスの荷室の広さは?

 

https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

フリードプラスのテールゲートを開けると高さ1255㎜、幅1080㎜の大きな開口部が出現します。

これにより大きな荷物でも出し入れがしやすいです。

また開口部の地上高は335㎜で、地面からかなり低くなっているので、重量のある荷物でも高く持ち上げることなく楽に積載することが可能です。

https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

2列目のシートを倒せばサーフボードのような長い荷物も積載できます。

多彩なシートアレンジでラゲッジスペースをフルフラットにすることができ、大人二人が横になっても余裕があるほどで車中泊でも快適です。

https://autoc-one.jp/honda/freed/newmodel-2939457/photo/0107.html

ラゲッジスペースにはユーティリティボードが標準で装備されています。

ボードでラゲッジスペース下に収納ができるようになるので濡れていたり、汚れている荷物を分けて積むことができます。

ボードを外せば背の高い荷物も積載可能です。

https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/
スポンサードリンク

自転車の積み方は?何台まで積める?

https://ameblo.jp/susan1770/entry-12553031254.html

2列目のシートを倒したビッグラゲッジモードでは、奥行きが約165㎝、幅約122㎝の広大なスペースが現れます。

高さは1メートルほどあるので、ロードバイクなら車輪を外さずに2台は積載できるでしょう。

しかしママチャリのような大きな自転車は横に倒すなどしないと入らないと思います。

フリードプラスのラゲッジルームの地上高は335㎜とかなり低く設計されているため、自転車などの大きく重いものでも出し入れが楽にできるのが魅力ですね。

2列目シートはダブルフォールダウン機構を採用し、広くフラットなラゲッジスペースを可能にしています。

 

シートの倒し方ですが、最初にヘッドレストを下げ、シートを一番後ろまで下げます。

 

https://www.honda.co.jp/ownersmanual/webom/jpn/freed/2020/details/136178090-6416.html

シートの座面を引き上げ、前方に引き出します。

https://www.honda.co.jp/ownersmanual/webom/jpn/freed/2020/details/136178090-6416.html
https://www.honda.co.jp/ownersmanual/webom/jpn/freed/2020/details/136178090-6416.html

背もたれ調節レバーを引いて背もたれを倒します。

https://www.honda.co.jp/ownersmanual/webom/jpn/freed/2020/details/136178090-6416.html

最後に固定バンドを緩めてエクステンションボードを後ろに倒すことでフラットな床面ができます。

https://www.honda.co.jp/ownersmanual/webom/jpn/freed/2020/details/136178090-6416.html

操作方法が少しややこしいので、最初は分かりずらいかもしれませんね。

うまく活用すれば便利な機能なので覚えておきましょう。

スポンサードリンク

おすすめのアクセサリー

フリードプラスはアウトドアユーザーに人気が高く、便利なアクセサリーも豊富に用意されています。

なかでもおすすめのアクセサリーを紹介していきたいと思います。

https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/

一つ目はタイダウンベルト(2本¥6,050)です。

自転車などの不安定な荷物を固定することができます。

フックはラゲッジルーム床面の4か所に固定します。

https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/

ラゲッジトレイ(¥17,600)も一緒につけておきたいですね。

濡れたものや汚れた荷物を気にせず積載。

防水素材で水洗いができます。

https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/

フリードプラスは天井が高く広々ですが、ラゲッジスペースの上の空間を持て余している場合にはルーフラック(¥15,400)がおすすめです。

耐荷重は5㎏なので毛布などの軽くてかさばる荷物の収納に有効です。

ネットもついているので、落下の心配もありません。

https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/

ラゲッジルームサイドに荷物をかけられるユーティリティフック(2個¥1,650)もおすすめです。

バッグを横に倒さずかけておけるため、中身がくずれたり、飛び出すことなく載せておけます。

またロープをかけることで荷物の固定にも使えるので、あると便利なアクセサリーです。

https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/

ラゲッジマルチボード(¥44,000)はラゲッジスペースを上下に区切ることができるため、荷物を整理して収納できます。

耐荷重は10㎏なので重い荷物でなければたいてい載せられそうですね。

車中泊時にも荷物の置き場に困らないことでしょう。

https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/

ルーフネット(¥11,000)はルーフラックと同じく天井に荷物を収納できますが、それだけではありません。

MDFボード1枚/延長ストラップ4本(¥5,500)を追加することで簡易テーブルに変身します。

キャンプなどのアウトドアシーンではラゲッジスぺースでくつろぐことができるのでおすすめです。

https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/

いかがでしたか?

フリードプラスは5ナンバーサイズのコンパクトカーでありながら圧倒的な積載能力をもつ点が魅力であり、ほかの車に負けない強みです。

近年ではキャンプやバーベキューなどのアウトドアやレジャーの人気が再び高まっています。

そのため、荷物をたくさん載せられる車が注目されているようです。

フリードプラスのライバル車のシエンタなども新モデルが登場しているので、ぜひこの記事を参考にしていただけたらと思います。

 

  • フリードは予算オーバー
  • 少しでも安く買いたい
  • どこまで値引きしてもらえるかな?
  • 何度もディーラーをまわるのはめんどくさい
  • 少し話を聞きたいだけなのに売り込みされたらどうしよう

【フリード】を欲しいけど不安や悩みがある、、、
などと思う方は非常に多くいらっしゃるかと思います。
そんな方にオススメの安くフリードに乗る裏技をご紹介したいと思います。

愛車を売る際は多くの買取業者を比較しないと50万円も損します!!

必ず多くの買取業者で買取価格を比較しましょう。
車販売店やディーラーで30万円と査定された車が買取専門業者では80万円と査定された!なんてことも少なくないのです!
あなたの大切に乗ってきた車の買取価格を複数の買取業者が勝手に値段を釣り上げてくれて、査定の一番高い値段で大切な車を売ることができるのです。
一社の見積もりでけでは確実に最安値の価格を提示されて、比較もできません。まずは多くの買取業者で査定しないと大きく損をしてしまいます

査定はもちろん無料で1分程度であなたの愛車の最高額が分かります!